勉強会

6/25-26の提言書完成の分科会に向けて、3回の勉強会を開催しました。G20は終わりましたが、大阪から世界へ、Sogiにまつわる差別撤廃のための提言書(G20に向けて)は、「SOGIと〇〇を考えるプロジェクト」に改名し、引き続きSOGI(+LGBTQ)といろいろなトピックをかけあわせて勉強会を続けていきたいと思っております。


11/30(土)13:30~16:30
(@大淀コミュニティセンター)
12月未定


【参加費】1000円
手話通訳ボランティアの費用捻出のために参加費そしてカンパのご協力をお願いいたします!手話がわからなくても、ろう者が参加できる場作りにお金で貢献できるというわけです!

ライブ中継見るだけならFacebookで@G20SOGI
ネットで参加したいならHangoutからどうぞ。
※参加方法は、各回の詳細をお確かめください。

勉強会の目的

女性やLGBTQの問題を含め、SOGIにまつわるの差別や人権侵害がどのように解決されるべきかを様々な観点から検討するための対話の機会としていきたいと思っています。そうするにあたり、今まで独自の分野で活動をされてきた方々をお招きし、その視点やスタンスから、どのようにSOGIの問題が見えるのかについて、共通点、相違点、共有できること、対立する部分を含めて新たな切り口で議論し、模索したいです。そこから、提言書の肉付けのヒントを得ることができたら幸いです。

LGBTQの問題は、LGBTQだけでは解決できない、だからこそSOGIという概念が必要ですが、あまり実践されていません。ど真ん中でLGBTQやSOGIを専門に活動をしてきた人ではなく、あえて少し違う立場の方にお声をかけるのは、新たな視点や新たな繋がりを求めてのことです。LGBTQやSOGIの専門家には見えない景色、考えたことがない切り口、対話による新たな発見など、ゲストの方々と参加者との対話を深めることによって、市民社会の横のつながりの強化とともに、SOGIにまつわる差別の問題解決の糸口を多角的に探りたいと思っています。


第7回 2019年11月30日(土)13:30-16:30

Sogi×部落をルーツに持つこと

手話通訳orパソコンテイク有。
参加費:1000円(手話通訳の費用にあてられます。)

ゲスト: 田中一歩さん 

 

(いつもの会場と異なります!)
大淀コミュニティセンター(大阪市北区本庄東3-8-2)
Osaka Metro谷町線・堺筋線、阪急千里線「天神橋筋六丁目」下車 徒歩8分 


 大阪市淀川区LGBT支援事業ではお馴染みの可愛いキャラクターたちの作者、田中一歩さんをお迎えして、部落にルーツを持つことと、にじいろi-Ru(アイル)での現在の活動や、創作活動のつながりなどをお話し頂きます。

【田中一歩さんのプロフィール】
元保育士。豊中市の保育所を退職後、2002年、待機児童解消のための保育ルームを西宮市で開設。6年間の保育ルーム運営を終え、創作活動を始める。現在もippo.としてモノづくりやデザインの仕事もしている。
2015 年、自身の経験をもとに絵本『じぶんをいきるためのるーる。』(解放出版社)を出版。同時ににじいろi-Ru(アイル)を立ち上げる。

セクシュアルマイノリティとされている子どもたち、またすべての子どもたちに「じぶんまる!」を届けるため活動をしている。
現在、講演活動、当事者の集まり、こどもに関わる大人の方たちとのおはなし会「旅するアイル」などをしている。
4歳児~対象の出前講座『「じぶんをいきるためのるーる。」を子どもたちに届けよう!』は2016年から約400講座(約12000人)行なう。【一部LUSHジャパン助成金事業】

★淀川区ではLGBTの啓発ポスターの貸し出しをしています。LGBTが生活で困ることがわかりやすいメッセージで発信されています。一歩さんの描く個性豊かなキャラクターたちをご覧ください。

終了後、打ち上げを予定しています。

第6回 2019年9月23日(月祝)13:30-16:30

SOGI+LGBTQ×産婦人科

手話通訳orパソコンテイク有。
参加費:1000円(手話通訳の費用にあてられます。)

ゲスト:藤田圭以子 さん

産婦人科医


 「SOGI+LGBTQ×産婦人科」ということで、産科医の藤田圭以子さんをお招きして、LGBTQとの関りがどのようにはじまって、現在どのように関わっているか、生殖医療にあたってできることできないこと、LGBTQへのお役立ち医療情報などのお話をしてもらう予定です。SOGI+LGBTQについて学びたい医療関係者の皆様も大歓迎!これを機に医療分野でのつながりを広げていきませんか。

★Facebookでの配信、ハングアウトでの参加はありません。

★場所:北区民センター(大阪市北区扇町2丁目1−27)
地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号-B出口北へ3分
JR環状線「天満」駅 西へ3分 北区役所隣

【藤田圭以子さんのプロフィール】
糸氏クリニック、阪南中央病院に勤務。
専門は生殖医療、思春期外来。岡山大学ジェンダークリニックにて、研修。トランスジェンダーの診療も携わる。戸籍変更に、ホルモン治療や手術要件があることに反対している。人権侵害と思います。最近は、地方のレインボーパレードや、レインボーフェスタにいくことにはまってます。昨年、1人で、青森レインボーパレードにいきました。奥入瀬渓流を歩きました。

【メッセージ】 
「多様な性について、50分で講義して下さい。」と、5年前に地域の中学校から依頼がありました。私が、LGBTのことを勉強するきっかけです。でも、実際はずっと以前から出会ってました。きょうに至るまで、この5年間の間に社会はかなり変化してきました。
しかしながら、「なんでもかんでも男女二元論」「患者の血縁家族なら安心、家族以外は話したらダメ」これらの、医療現場の常識が、LGBTの患者さんにとって実は、高い高いハードルであり、ストレスでもあります。医療って変わっていくのでしょうか、、。

終了後、打ち上げを予定しています。


第5回 8/17(土)18:00~21:00 

SOGIと行政サービスを考える

手話通訳orパソコンテイク有。
参加費:1000円(手話通訳の費用にあてられます。)

ゲスト;藏所俊文さん

2011年から大阪府茨木市職員勤務


LGBTQが行政サービスを使う時、様々な書類に性別欄があるとか、同居人との関係を説明せねばならないとか、子どもと血のつながりがない場合など、いろいろな場面でひっかかることがあります。単に窓口での対応ひとつを取っても、そこで職員がLGBTQについての知識があるとないでは利用者の安心感も違ってきます。最近では多くの自治体でLGBTQ研修が行われ、書類から不要な性別欄が削除される動きもあります。この流れの実態はなんなのか、本当にLGBTQや誰もが使いやすい行政サービスとは何か、そして今後はどうなっていくのか、茨木市役所の職員の方をお招きして対話します。

終了後、打ち上げを予定しています。



※曜日を訂正しました。(2019/6/26)

第4回 7/14(日)18:00~21:00 

勉強会はひと休み「まんこ独り語り上映会」

ゲスト;映画監督 和議名万子(わぎなまんこ)さん

(手話通訳orパソコンテイク有。映画は日本・英語字幕付)
■ご注意■ 今回は、Facebookの配信はありません。
しかし、ハングアウトでの参加は可能です。
参加費:1000円(手話通訳を頼むために費用が必要です、ご協力をお願いします。)

まんこ持ち10人にインタビューしたドキュメンタリー「なにわヴァギナモノローグス(初級編)」(原題「まんこ独り語り」2007年制作)の12年ぶりの上映会!監督トークはもちろん、上映会後に感想をシェアする時間ももうけます。
在日、障害、シングルマザーをテーマにしてきたこれまでの勉強会に参加した方々の再参加大歓迎!女性×身体性×マイノリティなどなど、これまた込み入った話になってくること間違いなし。もちろん上映に興味がある方も歓迎です。

★ご注意★まんこセンタード・スペース(まんこ中心の場)

この上映会は、日々抑圧されているまんこ持ちの方々を中心に持って来て勇気づける場です。まんこ持ちの方々が発言しやすい雰囲気作りにご協力ください。このポリシーを理解しているちんこ持ちの方の参加は歓迎いたします。

【映画の内容】
あなたはまんこをはじめて鏡で覗きこんで見た時、どう思いましたか?びっくりした?可愛かった?エロかった?あなたがまんこを持っていないとしたら、ケツの穴をはじめて鏡で覗きこんで見た時、どう思いましたか?びっくりした?可愛かった?エロかった?抱腹絶倒、なるほど勉強、ここまで来たらむしろ全くエロくない。尽きないまんこトークで、エロくてもいいけど、エロだけじゃ語り尽くせないないまんこの生態を楽しんで知ろう!
さらに詳しくはこちら

【出演】
助産師、ここ5年ぐらいはレズビアン、ウルトラまんこを目指す小まんこ、バラのまんこを持つレズ、FTMだったけど辞めました、FTXゲイ、エロリストFTM、MTFまぁまぁ女好き、なにわのおばはん時々おっさん、MTFGID、以上10人のまんこ持ち。

終了後、打ち上げを予定しています。


第3回 6/22(土)18:00~21:00

「シングルマザー×SOGI+LGBTQ」

ゲスト;大森順子(おおもり じゅんこ)さん

(手話通訳・パソコンテイク有)

プロフィール

約30年前に離婚し、当時3歳だった娘は現在30歳を過ぎ、自身は祖母となる。1980年代からシングルマザーの当事者活動に携わり、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西の事務局長を経て現在は会員。2013年から、自身の体験を元に「女性のための離婚相談 まえむきIPPO」を主宰。2016年からは活動をさらに広げ、かつての仲間たちと「シングルマザーのつながるネット まえむきIPPO」としてネットワークづくりを開始。趣味はズンバ、読書、映画鑑賞、英会話など。アイルランド好き、特にギネスが大好き。娘からは「欲望に忠実な女」と呼ばれている。


【内容】
SOGIの問題として大きな日本の課題は女性差別がいまだに問題視されていないこと。シングルマザーの抱える問題は女性、シングル、子持ち、経済的弱者など複合的な要素が重なるハイリスクな状態です。孤独に陥りがちな層をネットワークにつなげていく取り組みは、LGBTQも是非参考にしていきたいことです。近年、子どもを持ち始めるクィアカップルも増えて来ている中、さまざまな家族の在り方の提案と血縁と婚姻を超えたセーフティーネット作りについても協働していけるような対話になればと思います。SOGIに興味を持つシングル親、フェミニスト、諸々関係者のみなさんのご参加も大歓迎!

【参加の方は事前にこちらをチェックしといてね!】

(主催者からのおススメ)
ひとり親家庭で育つということ(2009)

ひとり親家庭の子育て支援は出会いの場つくりから
子どもとともに歩む人生設計

終了後、打ち上げを予定しています。


第2回 6/8(土)18:00~21:00  

「障害×SOGI+LGBTQ」

ゲスト;松波めぐみ(まつなみ めぐみ)さん

(手話通訳・パソコンテイク有)

プロフィール

大阪市立大学ほか非常勤講師。専門は障害学(disability studies)、人権教育。重い障害のある人が地域で暮らせるようにする「自立生活運動」、京都府での障害者差別禁止の条例をつくる運動などに携わってきた。障害の社会モデル、合理的配慮、障害とジェンダー等について研修を行っている。共編著書に『障害のある先生たち』、『地球市民の人権教育』、分担執筆に『ジェンダーで考える教育の現在』、『セクシュアリティの障害学』など。

【内容】
障害者の権利、複合差別、人権教育等に長年講師として、研究者としてたずさわってこられた松波さんには、障害分野の「差別禁止(撤廃、解消)」のルールや法律をつくる動きが、障害当事者の間で必ずしも盛り上がらなかったこと(懐疑的だった)、それでも「法律ができて変わったこと、まだまだ壁が厚いこと」などの話題提供と、「障害のあるLGBTQ」が直面すると思われる問題(障害者運動や福祉現場でのヘテロセクシズム、トランスへの無理解…)などの話を伺います。SOGIに興味を持つ障害当事者のみなさんのご参加も大歓迎!障害×SOGI+LGBTQで刺激的で深い対話にできたらと思います。

【参加の方は事前にこちらをチェックしといてね!】
(講師の方からのおススメ)
バニラエア事件(+α)から考える障害者差別

(主催者からのおススメ)
「障害者差別解消法って?」
「障害者権利条約」を使って社会を変えていく
障害者の権利保障のための地方の取組-京都府条例について
「障害者差別解消法」をどう浸透させるのか?ー人権教育の立場から

終了後、打ち上げを予定しています。

【無事終了のご挨拶】

本日は、たくさんのご参加ありがとうございました!31名(赤ちゃん込み)ぐらいの参加があったと思われます。また、FBでは5名の方が閲覧されておられ、ハングアウトでは合計2名の参加がありました。
松波さんの25歳からの障害者にかかわるようになったきっかけから、現在の障害者差別解消法の伝道者?になるまでのお話も、実際の京都で条例を作る際のネットワーキングなど、LGBTQの活動でも参考にしたい部分がたくさんありました。

障害×SOGI+LGBTQということで、介助者で当事者という立場の方もいたりで、ライブ配信では発言が難しい雰囲気もあったため、今回は予定を変更してFBでの配信は講演部分のみで終了させて頂きました。今後、FB閲覧されている方で、すべて観たいという方は、ハングアウトの方でご参加ください。(つなげるだけで、別に発言しなくてもかまいませんよ。参加者からの意見や情報提供も多くありましたので、関心のある方には聞いて頂ければと思いました。Gmailアカウントが必要です。)
資料や当日動画などはFBで公開中ですのでご覧ください。

第1回 5/26(日)18:00~20:00

「在日コリアン×SOGI+LGBTQ」 

ゲスト;金和子(きむ ふぁじゃ)さん

(手話通訳・パソコンテイク有)

プロフィール
1980年生まれ。大阪府堺市出身。韓国籍在日コリアン3世。
大阪府立大学総合科学部(人間科学科)卒業。
在日コリアン青年連合(KEY)事務局スタッフ。

【内容】
2015年のQWRCの出前講座でKEYと共同で行ったワークショップでは、在日コリアンとセクシュアルマイノリティで共通する問題、特徴を話し合ったり、ダブルマイノリティ性について意見交換するなどお互いを意識する関係性を作ってきました。カミングアウトやアイデンティティの揺れ、ステレオタイプやヘイトへの抵抗など、両者の共通する課題を確認しつつ、サバイバル戦略やコミュニティの維持についても対話できればと思います。SOGIに興味を持つ在日外国人当事者のみなさんのご参加も大歓迎!

【参加の方は事前にこちらをチェックしといてね!】

(講師の方からのおススメ)

KOREAN BOOK CAFE ちぇっちゃり
ヘイトスピーチ相談窓口『晴れほこ』
もやもやQ&A

在日コリアンの歴史を歩く―未来世代のためのガイドブック

(下記主催者追加分)

『母よ、殺すな!』
リバティおおさか


20:00~21:00 提言書検討会
勉強会後に、実行委員会で提言書の草案の検討を行います。
ご興味ある方はどなたでもご参加ください。
終了後、打ち上げを予定しています。

【無事終了のご挨拶】
当日は、21名のご参加、FBでは約3名の閲覧、ハングアウトでは1名の参加がありました。どうもありがとうございました。
(FB閲覧でご参加だった皆様、音声の聞き取り安さなど、フィードバックを頂けましたら喜びます!)

ファジャさんのお話はプライベートな話から歴史、運動の話までと多岐にわたり、ミクロにマクロに在日コリアンの軌跡(とそれに対する日本)を垣間見ることができ、とても面白かったです。やはりLGBTQコミュニティは、在日コリアン運動的にたくさん学ぶところがある。(断言!)また、LGBTQへのからみも考えてくださり、双方の視点を交えることができたと思います。ここから、もっと面白くなりそう!もっと知りたい!というところに来ておりますので、また是非お越しいただき、続きができたらと個人的には感じております。
コラボレーションはおもしろい!

Facebookで@G20SOGIにて勉強会の動画を公開中★